コマンド

Linuxコマンド【tail】【head】ファイルから指定した範囲の行を抽出・表示するコマンド

【tail】コマンドや【head】コマンドは
パイプ使って組み合わせることが多い
代表的なコマンドです。

オプションの数も多くないので
他のコマンドに比べて覚えやすく
理解しやすい思います。

処理実行後のログを
リアルタイムで確認できるので
ログファイルの監視によく利用されます。

SPONSORED LINK

【tail】コマンド

指定したファイルの最終行から
数行を標準出力に表示するコマンドです。

基本的は10行を標準出力に表示しますが
オプションで行数やバイト数も指定可能。

基本コマンド

tail␣オプション␣ファイル名

※␣は半角スペース

ファイル複数指定

tail␣オプション␣ファイル名1␣ファイル名2

オプション

  • -c␣バイト数:表示バイト数を指定
    (改行も含む)※全角文字は2バイト
  • -n␣行数:表示行数を指定
  • -行数:表示行数を指定
  • -f:ファイルの追記を監視
  • -v:常にファイル名を表示
  • -q:ファイル名を非表示
  • –help:使い方を調べる
  • –version:バージョンを調べる

SPONSORED LINK
【head】コマンド

指定したファイルの先頭行から
数行を標準出力に表示するコマンドです。

基本的は10行を標準出力に表示しますが
オプションで行数やバイト数も指定可能。

基本コマンド

head␣オプション␣ファイル名

※␣は半角スペース

ファイル複数指定

head␣オプション␣ファイル名1␣ファイル名2

オプション

  • -c␣バイト数:表示バイト数を指定
    (改行も含む)※全角文字は2バイト
  • -n␣行数:表示行数を指定
  • -行数:表示行数を指定
  • -v:常にファイル名を表示
  • -q:ファイル名を非表示
  • –help:使い方を調べる
  • –version:バージョンを調べる

SPONSORED LINK

【tail】【head】コマンドの組み合わせ


パイプ(|)を使い
2つ以上のコマンドを組み合わて
利用されるパターンの例を紹介します。

指定した範囲の行を抽出・表示するコマンド

SPONSORED LINK

UNIXとLinuxの違いとは!?特徴や仕組みを徹底解説前のページ

Linuxの基本ショートカット一覧!ターミナルでの基本操作を解説次のページ

ピックアップ記事

  1. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  2. Java 9が正式リリース
  3. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み

関連記事

  1. コマンド

    Linuxコマンド【pwd】カレントディレクトリの絶対パスを表示するコマンド

    【pwd】コマンドはカレントディレクトリの絶対パスを表示する…

  2. コマンド

    Linuxコマンド【ls】カレントディレクトリの一覧を表示するコマンド

    【ls】コマンドはカレントディレクトリの一覧を表示する代表的な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking Best10

まだデータがありません。

Recommended Article

Pickup

  1. Eclipse

    Eclipse Javaプロジェクトの作成と初期設定を解説!!ビルド(build…
  2. 文字列

    Java 出力文字を英語や指定した言語に変換する方法を解説
  3. Spring

    Spring MyBatisのSQLでLIKEを使用する方法
  4. JUnit

    JUnit 入門・基本的な使い方
  5. コマンド

    Linuxコマンド【ls】カレントディレクトリの一覧を表示するコマンド
PAGE TOP

Copyrighted Image