basic

Linuxの基本ショートカット一覧!ターミナルでの基本操作を解説

Linuxのターミナル画面で常用する
ショートカットキーを使うことで
作業効率が大幅に上がります。

最初は不慣れで間違えてしまい
作業効率が悪くなるかもしれませんが
長い目で見たとき
歴然の差がでるので
Linuxを使うエンジニアの場合
必ず覚えておくことをオススメします。

SPONSORED LINK

カーソル移動のショートカット

カーソルを行頭へ移動

Ctrl + a

カーソルの現在位置を行頭へ移動させます。
aは、ahead(先頭へ)

カーソルを行末へ移動

Ctrl + e

カーソルの現在位置を行末へ移動させます。
eは、end(最後へ)

カーソルを右方向へ移動

Ctrl + f

カーソルの現在位置を右方向へ移動させます。
fは、forward(前へ)

カーソルを左方向へ移動

Ctrl + b

カーソルの現在位置を左方向へ移動させます。
bは、backward(後へ)



SPONSORED LINK

ターミナル文字削除・貼り付けのショートカット

カーソル部分の1文字を削除

Ctrl + d

カーソル部分の1文字を削除します。
dは、delete(削除)

カーソルの左側1文字を削除

Ctrl + h

カーソルの左側の1文字を削除します。
hは、hidari(左側)

カーソルの左側から行頭まで削除

Ctrl + u

カーソルの左側から行頭まで削除します。
uは、ukの左側

カーソル部分から行末まで削除

Ctrl + k

カーソル部分から行行末まで削除します。
kは、ukの右側



SPONSORED LINK

カーソルの左側の1単語を削除(スペース区切り)

Ctrl + w

カーソルの左から次のスペースまでを削除します。
wは、word(単語)

カーソル位置が単語の先頭の場合

カーソル位置が単語の先頭以外の場合

直前に削除した文字列を貼り付け(ショートカットでの削除)

Ctrl + y

直前に削除した文字を貼り付けます。
↓Ctrl + w で削除後、Ctrl + y を実施。

ターミナル画面のクリア

Ctrl + l

ターミナルの表示をクリアします。

clear

ターミナルの表示クリアでは
clearコマンドでも実施できます。

過去の入力情報の検索

Ctrl + r

history

コマンド履歴の閲覧では
historyコマンドでも確認できます。

SPONSORED LINK

処理制御のショートカット

処理の停止(再開不可)

Ctrl + c

処理を停止(再開不可)します。

処理の中断(再開可)

Ctrl + z

処理を中断(再開可)します。
中断後に処理再開したい場合、
以下の手順でコマンドを実施します。

1.jobs コマンドを実行
2.fg␣ジョブ番号 コマンドを実行

SPONSORED LINK

Linuxコマンド【tail】【head】ファイルから指定した範囲の行を抽出・表示するコマンド前のページ

Linuxコマンド【pwd】カレントディレクトリの絶対パスを表示するコマンド次のページ

ピックアップ記事

  1. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
  2. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  3. Java 9が正式リリース

関連記事

  1. basic

    UNIXとLinuxの違いとは!?特徴や仕組みを徹底解説

    UNIXとLunixの違いを人に説明できますか?名前だけは知っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking Best10

まだデータがありません。

Recommended Article

Pickup

  1. Eclipse

    Eclipse Java動作環境の構築とインストール
  2. News

    脆弱性が多いプログラミング言語、第2位はPHP – 大差で第1位にな…
  3. basic

    Linuxの基本ショートカット一覧!ターミナルでの基本操作を解説
  4. Cp Math

    数の定義・数の構成について
  5. IT learning

    Webコンテナ(サーブレットコンテナ)とWebサーバの違いやイメージを解説
PAGE TOP

Copyrighted Image