コマンド

Linuxコマンド【ls】カレントディレクトリの一覧を表示するコマンド

【ls】コマンドは
カレントディレクトリの一覧を
表示する代表的なコマンドです。

Linuxコマンドの中でも
よく使うコマンドであり
オプションの数が多いのも特徴です。

その中でよ作業効率が良くなり
覚えておくと便利なオプションを
厳選して紹介していきます。

SPONSORED LINK

【ls】コマンド

カレントディレクトリのファイルや
ディレクトリの一覧を標準出力に
表示するコマンドです。

隠しファイルや詳細情報お含めて
全てのファイル表示をすることも可能です。

基本コマンド

ls␣オプション␣ディレクトリ名/ファイル名

※␣は半角スペース

オプション(表示対象・表示フォーマット)

  • -a:.(ドット)ファイルも含めて表示
  • -A:.(ドット)ファイルも含めて表示 ※「.」「..」以外
  • -l:ファイルの詳細を表示
  • -n:所有者とグループ名の代わりにUIDとGIDを数値で表示
  • -g:ファイル所有者を非表示
  • -o:グループ情報を非表示
  • -R:ディレクトリ内容を再帰的に表示

オプション(出力フォーマット)

  • -1:リストを1件1行で表示
  • -m:リストをカンマ区切りで表示
  • -C:リストの出力を列にソート表示 ※(縦)
  • -x:リストの出力を行にソート表示 ※(横)
  • -q:表示不可能な文字を?で表示
  • -F:名前の後にタイプ識別子(*/@のいずれか)を付けて表示
  • -p:ディレクトリ名の後にのみ /を付けて表示

オプション(サイズ)※-lと併用

  • -h:サイズを繰り上げ単位で表示(例:1K、2M、3G)
  • -k:サイズを1KB単位(1024バイトの倍数)で表示

オプション(時刻)※-lと併用

  • -c:ファイル属性の変更時間(ctime)を表示
  • -u:新日の代わりに最終アクセス日を表示

オプション(ソート)

  • -t:ファイル更新日が新しい順に表示
  • -S:ファイルサイズの大きい順に表示
  • -X:拡張子のアルファベット順にソート表示
  • -v:数字順にソート表示
  • -r:並び順を反転させ表示

オプション(その他)

  • -i:i-node番号を表示(ファイル管理する数値)
  • -s:各ファイルの前にファイルのブロック数を表示 ※4KB単位



SPONSORED LINK

【ls】コマンドオプションの表示結果


ここでは基本的に利用頻度が多い
【ls】コマンドオプションに絞って、
コマンド実行後の表示結果を
掲載していきます。

現在のディレクトリ内の一覧を表示

ls

別のディレクトリ内の一覧を表示

ls␣ディレクトリ名

ユーザのホームディレクトリ内の一覧を表示

ls␣~

.(ドット)ファイルも含めて表示

ls␣-a

.(ドット)ファイルも含めて表示※「.」「..」以外

ls␣-A

ファイルの詳細を表示

ls␣-l

  • 項目:説明
  • -rw-r–r–:ファイルの種類(一番左の一文字) + パーミッション
  • 1:ハードリンクの数
  • demouser members:所有者(左)と所有グループ(右)
  • 55:ファイルサイズ
  • 12月 9 2019:タイムスタンプ
  • ads.txt:ファイル名

※ファイルの種類(一番左の一文字)
– : ファイル
d : ディレクトリ
l : シンボリックリンク

所有者とグループ名の代わりにUIDとGIDを数値で表示

ls␣-n

再帰的にディレクトリの中身を表示

ls␣-R

SPONSORED LINK

リストを1件1行で表示

ls␣-1

リストをカンマ区切りで表示

ls␣-m

並び順を反転させ表示

ls␣-r

ファイル更新日が新しい順に表示

ls␣-lt

ファイルサイズの大きい順に表示

ls␣-lS

拡張子のアルファベット順にソート表

ls␣-lX

SPONSORED LINK

名前の後にタイプ識別子(*/@のいずれか)を付けて表示

ls␣-F


※ファイル識別子
/ : ディレクトリ
@ : シンボリックリンク
* : 実行可能形式ファイル(xが付与済)

ls␣-lF

i-node番号を表示(ファイル管理する数値)

ls␣-li

ハードリンク : inode番号が同じ
シンボリックリンク : inode番号が異なる

【ls】【grep】コマンドオプションの組み合わせ

grep の検索パターン文字

  • ^:行の先頭
  • $:行末
  • .:任意の1文字
  • […] :角括弧内のリストまたは範囲に含まれる任意の1文字
  • [^…] :角括弧内のリストまたは範囲に含まれない任意の1文字
  • *:その直前の文字または正規表現のゼロ個以上の繰り返し
  • .* :任意の1文字のゼロ個以上の繰り返し
  • \ :後続の文字が持つ特殊な意味を無効にする

SPONSORED LINK

Linuxコマンド【pwd】カレントディレクトリの絶対パスを表示するコマンド前のページ

ピックアップ記事

  1. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
  2. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  3. Java 9が正式リリース

関連記事

  1. コマンド

    Linuxコマンド【tail】【head】ファイルから指定した範囲の行を抽出・表示するコマンド

    【tail】コマンドや【head】コマンドはパイプ使って組み合わせ…

  2. コマンド

    Linuxコマンド【pwd】カレントディレクトリの絶対パスを表示するコマンド

    【pwd】コマンドはカレントディレクトリの絶対パスを表示する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking Best10

まだデータがありません。

Recommended Article

Pickup

  1. Class・Object

    Java コンストラクタの使い方と概要
  2. Spring

    Spingの概要
  3. コマンド

    Linuxコマンド【pwd】カレントディレクトリの絶対パスを表示するコマンド
  4. Spring

    Spring MyBatisのSQLでLIKEを使用する方法
  5. Basic

    Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
PAGE TOP

Copyrighted Image