Servlet・JSP

Java formの基礎

一般的なアプリケーションでは、
ユーザーの入力に対して処理する仕組みを持っています。
Webアプリケーションでは、formでそれを実現します。

formを使用することで入力項目を1つにまとめて
サーバーサイドプログラムに送信することが可能になります。

formは、検索サイトやネットショップなど
ほとんどの検索サイトで使用されています。
Webアプリケーションには欠かせません。

SPONSORED LINK

formの仕組み


検索すると、ユーザーが入力したデータが
リクエストとともにアプリケーションサーバに送られます。

アプリケーションサーバはリクエストされた
サーバサイドプログラムを実行し
送られてきたデータを渡します。

サーバサイドプログラムは、
渡されたデータを使用して処理を行います。

formの構造・部品

formタグ

  • ①テキストボックス:(inputタグ:type属性=”text”)
  • ②ラジオボタン:(inputタグ:type属性=”radio”)
  • ③チェックボックス:(inputタグ:type属性=”checkbox”)
  • ④セレクトボックス:(select:type属性=”select”)
  • ⑤送信ボタン:(inputタグ:type属性=”submit”)



①テキストボックス
1行のテキストを入力できます。
入力したテキストの値が送信されます。

②ラジオボタン
1つの選択グループの中から、1つだけを選択できます。
name属性の値が同じものが同じ選択グループになります。
選択したボタンのvalue属性の値が送信されます。

③チェックボックス
複数の選択が可能です。
name属性の値が同じものが同じ選択グループになります。
選択したボタンのvalue属性の値が送信されます。
※設定次第で数指定は可

④セレクトボックス
option要素の値とセットで
選択したボタンのvalue属性の値が送信されます。
※設定次第で数指定は可

⑤送信ボタン
ボタンを押下すると入力データが送信されます。

formタグの解説

・action属性:送信先の指定
サーブレットクラスの場合:/アプリケーション名/URLパターン
JSPファイルの場合:/アプリケーション名/WebContentからのパス

・method属性:リクエストメソッドを指定
get(GETメソッド)もしくは、post(POSTメソッド)を指定する。
method属性を省略可(GETメソッドになる)

Servletについての使い方と解説はこちら

画面から入力されたデータは、
「部品名=値」の形式で送信されます。
この値がリクエストパラメータになります。

SPONSORED LINK

ピックアップ記事

  1. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  2. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
  3. Java 9が正式リリース

関連記事

  1. Servlet・JSP

    サーブレットの基礎

    ブラウザーからリクエストが届くと、アプリケーションサーバはサーブレット…

  2. Servlet・JSP

    Java JSPの基礎

    JSP(Java Server Page)は、サーバーサイドプログラム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recommended Article

Pickup

  1. Java

    Java プロパティファイルを使ってテキスト(txt)出力ファイルの書き込みとパ…
  2. Basic

    Java EclipseにTomcat(Java EEの開発環境)を設定する手順…
  3. News

    MicrosoftがJava EEからクラウドへのマイグレーションを調査,Jav…
  4. JavaScript

    JavaScriptの仕組み
  5. Java

    Java入門・JDKのインストール方法(Windows編)
PAGE TOP

Copyrighted Image