JSP

Java JSPの基礎

JSP(Java Server Page)は、サーバーサイドプログラムの技術です。
JSPファイルは、リクエストされるとサーブレットクラスに変換されます。

JSPファイルは、HTMLで記述されており、
その中にJavaのコードを埋め込むことが可能です。

JSPの特徴

  • リクエストして実行する
  • <サーブレットに変換され、サーブレットクラスと同じことが可能/li>
  • HTMLのなkにJavaのコードを埋め込むことがか可能
SPONSORED LINK

Spring MyBatisのSQL!!IN句を使用する方法とは?前のページ

Java formの基礎次のページ

ピックアップ記事

  1. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  2. Java 9が正式リリース
  3. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking Best10

Recommended Article

Pickup

  1. Class・Object

    Java オブジェクト指向とは?初心者向けにわかりやすい概要!!
  2. Cp Engineering

    コンピュータの5大装置(5大機能)やメインメモリとキャシュメモリの違いについて解…
  3. 日付・時刻

    Java 2つのリストデータを結合して日付順/昇順/降順(Timestamp )…
  4. Class・Object

    Java プロパティファイルを使ってテキスト(txt)出力ファイルの書き込みとパ…
  5. News

    Java 9のモジュール機能で何が変わるのか[JavaOne2017]
PAGE TOP

Copyrighted Image