Tomcat

Java EclipseにTomcat(Java EEの開発環境)を設定する手順

Java EEの開発に必要なものは、大きく分けて以下の3つになっています。

  • 統合開発環境(IDE)
  • アプリケーションサーバ(Webコンテナ)
  • データベース

Servlet(サーブレット)の仕組みを理解する前に
Webコンテナの知識が必要となりますので以下の記事を参考にしてください。
WebサーバとWebコンテナの違いとは?

SPONSORED LINK

EclipseとApache Tomcatの関係性

EclipseにTomcatを設定する手順

1.「ウィンドウ」→「パースペクティブ」→「パースペクティブを開く」→「その他」→「Java EE」を選択し「開く」を押下。

2.「ファイル」→「新規」→「動的Webプロジェクト」 を選択。
プロジェクト名を入力して、「ターゲットランタイム」を選択して「次へ」を押下。
※Pleiades All in Oneの場合、Tomcatが導入されているのでTomcatが表示されます。

3.「次へ」を押下。

4.「完了」を押下。

5.動的Webプロジェクトが作成され、ライブラリーにターゲットランタイムで指定したTomcatを確認。



SPONSORED LINK


6.ビューのリンクを押下。もしくは「サーバー」タブ内で右クリック→「新規」→「サーバー」を押下。

7.「サーバーのタイプを選択」→「Apache」→「Tomcat v8.0 サーバー」選択し「次へ」を押下。
※Tomcat は環境にあったバージョンを選択してください。

8.使用可能なプロジェクト(Tomcat8)を選択→「追加」を押下。

9.追加したプロジェクトが構成済みエリアに移動したことを確認→「完了」を押下。

10.「サーバー」タブに「ローカルホストのTomcat v8.0サーバー」 が追加されたことを確認。

SPONSORED LINK


サーバーを始動済み/同期済みにしブラウザで確認する


ここでは、ブラウザで表示させるのに一番簡単なHTMLで確認していきます。
1.Webプロジェクト(Tomcat8)で「新規」→「HTMLファイル」を選択。

2.親フォルダー「WebContent」を選択、ファイル名を設定し「完了」を押下。

3.「サーバー」タブ内で右クリック→「開始」を押下。

4.ローカルホストのTomcat v8.0サーバー[始動済み,同期済み]になっていることを確認。

5.「ウィンドウ」→「設定」→「一般」→「Web ブラウザー」を選択。
「外部 Web ブラウザー」→ 任意のブラウザーにチェックし「適用して閉じる」を押下。

6.タグ内に”HelloWorld”を入力して保存し、エディター内で右クリック→「実行」→「サーバーで実行」を押下。

7.ブラウザー上でHelloWorldが表示されれば設定が完了です。

Javaで作られたWebアプリケーションは
Servletやフレームワーク等を用いて動かします。

今回は、Tomcat設定を観点にしたので、HTMLで手順を解説してきました。
Servletやフレームワークを使った動作は、別の記事で紹介していきます。

SPONSORED LINK

Eclipse 背景色を黒(ダーク)に設定する方法を解説!前のページ

Webコンテナ(サーブレットコンテナ)とWebサーバの違いやイメージを解説次のページ

ピックアップ記事

  1. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?
  2. Java 9が正式リリース
  3. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recommended Article

Pickup

  1. News

    MicrosoftがJava EEからクラウドへのマイグレーションを調査,Jav…
  2. Eclipse

    Eclipse Javaプロジェクトの作成と初期設定を解説!!ビルド(build…
  3. Class・Object

    Java Loggerの使い方や出力先の設定、レベルでログを振り分ける設定も解説…
  4. Eclipse

    Eclipse Java動作環境の構築とインストール
  5. Class・Object

    Java ファイルやディレクトリの存在チェック(exists)とパターンを解説
PAGE TOP

Copyrighted Image