Servlet・JSP

サーブレットの基礎

ブラウザーからリクエストが届くと、アプリケーションサーバはサーブレットクラスのdoGet()を呼び出します。
このとき引数として渡されるHttpServletRequestはブラウザから届いた「リクエスト」、
HttpServletResponseはサーバから送り出す「レスポンス」に
関係する情報と機能を持つインスタンスです

サーブレットクラスは、基本的にHttpServletRequestインスタンスに
格納されているリクエスト詳細情報を取り出し、
計算などの様座な処理を行い、
結果画面のHTML情報をHttpServletResponseインスタンスを
用いてブラウザに送り返します。

SPONSORED LINK

ピックアップ記事

  1. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
  2. Java 9が正式リリース
  3. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?

関連記事

  1. Servlet・JSP

    Java JSPの基礎

    JSP(Java Server Page)は、サーバーサイドプログラム…

  2. Servlet・JSP

    Java formの基礎

    一般的なアプリケーションでは、ユーザーの入力に対して処理する仕組み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recommended Article

Pickup

  1. Java

    Java 未経験者の転職で有利に!プログラミングスクールがオススメな理由は?比較…
  2. Java

    Java プロパティファイルを使ってテキスト(txt)入力ファイルの読み込みとパ…
  3. Java

    Java Template Method デザインパターン(abstract)の…
  4. Basic

    Java EclipseにTomcat(Java EEの開発環境)を設定する手順…
  5. Servlet・JSP

    Java formの基礎
PAGE TOP

Copyrighted Image