Servlet・JSP

Java JSPの基礎

JSP(Java Server Page)は、サーバーサイドプログラムの技術です。
JSPファイルは、リクエストされるとサーブレットクラスに変換されます。

JSPファイルは、HTMLで記述されており、
その中にJavaのコードを埋め込むことが可能です。

JSPの特徴

  • リクエストして実行する
  • <サーブレットに変換され、サーブレットクラスと同じことが可能/li>
  • HTMLのなkにJavaのコードを埋め込むことがか可能
SPONSORED LINK

ピックアップ記事

  1. Java入門 JavaプラットフォームやJava言語の仕組み
  2. Java 9が正式リリース
  3. Java クラスのインスタンス化・初期化とは?

関連記事

  1. Servlet・JSP

    Java formの基礎

    一般的なアプリケーションでは、ユーザーの入力に対して処理する仕組み…

  2. Servlet・JSP

    サーブレットの基礎

    ブラウザーからリクエストが届くと、アプリケーションサーバはサーブレット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recommended Article

Pickup

  1. News

    Java 9が正式リリース
  2. Java

    Java コンストラクタの使い方と概要
  3. Spring

    Spingの概要
  4. News

    郵便番号・住所検索用開発ツール「Yubin7 for Java」
  5. Struts

    Strutsの概要
PAGE TOP

Copyrighted Image